松代地区住民自治協議会

松代地区住民自治協議会の活動の様子をお知らせするページです。

­

松代地区振興計画に係る策定部会員を募集します!

松代地区住民自治協議会では松代地区の振興計画を策定することになりました。そこで、下記の3部会を設立して調査検討をします。

     ★ 地域振興とまちづくり部会

     ★ 歴史文化とまちづくり部会

     ★ 公共交通とまちづくり部会

つきましては、部会員を若干名一般公募致します。ご希望の方は「松代地区の振興に関する考え」を400字程度にまとめて、住所、氏名、電話番号を明記して、下記申込先までご提出下さい。

[締 切 り]2月20日(水)

[申 込 先]松代地区住民自治協議会事務局(長野市松代支所1階)☎278-1885

※採用された方の配属部会は住民自治協議会で決めさせていただきます。ご希望に添えないこともございますのでご了承願います。

LRTを推進する住民の集いを開催しました!

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子


 去る10月14日(日)午後1時30分からサンホールマツシロにて、松代・川中島・更北・篠ノ井住民自治協議会主催による「LRT(次世代型路面電車)を推進する住民の集い」を開催し、150名余の方にご参加いただきました。
 第一部として、大東文化大学副学長の今城 光英氏による「地域交通政策の潮流」と題した講演、一般財団法人運輸
調査局情報センター主任研究員の板谷 和也氏による「LRTで何ができるのか ―海外と日本の事例から―」と題した講演をしていただきました。第二部では、清泉女学院大学地域連携コーディネーターの古平 浩氏によるコーディネートによりパネルディスカッションを行いました。その中で、富山市路面電車推進室主査 遠田 修氏は、「2006年の富山市でのLR T導入後、降雪による運休は1回しかない。マイカーに比べて円滑に運行できる。」と述べられました。また、参加者からは「LRT導入の際には待合室にコンビニエンスストアを併設してはどうか」などの提案もなされ、活発な住民集会となりました。
 なお、2回目となる住民集会を11月25日(日)にJAグリーン長野グリーンホールミナミにおいて開催しますので、引き続き住民の皆様のご参加をよろしくお願いします。

イノシシ等獣害防護柵設置作業について

 近年、私達の住む松代にも遊休農地・耕作放棄地が拡大し、それらを隠れ家にイノシシ・シカ・ハクビシン・クマ・サルなどが出没し、農家が大切に育てた野菜や果樹を食い荒らす被害が多発しています。出没は観光地松代の住宅街にまで及び人身被害の恐れも懸念されています。
 そんな中、松代地区住民自治協議会では、最初の対策として松代全域の山裾にイノシシ等の獣害防護柵を設置することとしています。昨年は、国の交付金事業を取り入れ、千曲市境の岩野地域から清野・西条地域の山裾約12.5キロメートルを地域の区長をはじめとする住民の皆様のお力で設置することができました。ここにお力をお貸しいただいた皆様にあらためて敬意を表します。防護柵設置後の状況をみますと設置方法のあり方等から一部破られたところもありましたが、今後十分検証し、完全なものに近付けていきたいと考えています。
 さて、本年もひき続き国の交付金の交付が予定されています。この交付金は、昨年同様“防護柵の資材費は全額国庫負担とするが、設置は地元住民が施工すること”が条件となっています。また、諸費用として若干の地元負担があります。今年度の防護柵の設置地域は、豊栄・西条(欠)・東条・寺尾地域を予定しています。設置作業に参加いただく対象区につきましては、施工区域、施工日程、施工方法および住民拠出金等の詳細について、今後、地元行政区長または字区長からご説明を申し上げますのでよろしくご承知おき下さい。安全・安心して暮らせる、そして元気な松代づくりのために、松代地区全住民の皆様のご理解とご協力を是非ともお願い致します。

松代駅構内の草刈りをしました!

草刈り作業の様子

草刈り作業の様子

去る7月7日(土)松代駅構内の草刈りをしました。松代中学校野球部の1年生の皆さんをはじめ、総勢60名の方々がボランティアの呼び掛けに応えて下さいました。
おかげさまで、草に隠れていたレールが姿を現し、松代駅構内だけでなく、松代城前の踏み切り付近まできれいにすることができました。暑い中、ご参加いただいた皆様に感謝申し上げます。今後、沿線の草刈りも計画してまいりますので、皆様のご協力をよろしくお願い致します。

屋代線代替バスが運行開始しました

90年の歴史に惜しまれながら廃線となりました長野電鉄屋代線に代わり、平成24年4月1日(日)から代替バスがスタート致しました。屋代-須坂間のバス停留所は、電車の13駅に対し58箇所(松代町内は23箇所)と大幅に増えました。また、松代発須坂行きの高速便が1便組み込まれ、須坂方面に通う学生の方々にも利用しやすいルートとなっています。運賃も電車運賃が適用され、電車への乗り継ぎについても電車と同等となっています。
今まで電車を利用されていた方々はもちろん、電車の駅が遠くて電車を利用できなかった方は身近になったバス停からのバスのご利用を是非お願い致します。時刻表につきましては、既にご家庭に配布されています。また『広報ながの3月15日号』にも詳細が掲載されていますのでご覧下さい。
地域の皆様のご利用が地域の公共交通を守っていく大きな力になります。皆様のご利用を宜しくお願い致します。

バス代替と鉄路を考える地域住民の集いが終了しました!

 去る平成23年10月30日大室団地自治会主催のバス代替と鉄路を考える住民の集いが開催されました。その後、住民自治協議会では、屋代線廃止後のバス代替(案)の現況報告および屋代線の鉄路を存続させる取り組みの必要性・重要性を多くの皆様に理解していただくため、平成23年11月18日から12月17日までの間に、松代地区全地区で地域住民の集いを開催致しました。平日を含め午後6時30分からの開催でありましたが、午後9時頃まで激論を交わす会場もありました。
 今回の集会を教訓に、情報提供と同時に住民の皆様の具体的な提案等を求めてまいりたいと思います。また、長野駅-松代駅間のLRT路線の実現と同時に、新設LRT路線の車両基地として、また整備を担う重要拠点として活用した河東線(屋代線)の復活整備ができればと存じます。住民の皆様の熱意とあきらめない想いが実現の可能性の原動力であります。今後も皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。
 以下に、地域住民の集いで出された主な意見・質問を掲載致します。


バス代替に対する意見

・403号線は大型車も多く走っている。過去に児童・高齢者の死亡事故が何件も発生している。安全対策をしっかりやってほしい。道路改良を最優先課題で取り組んでほしい。
・バスの停留所には待合所がない。交通量が多く歩道がない道路上でバスを待つこととなるが、雨・雪・風等の場合は大変である。乗客の立場に立った利便性・安全性を確保してほしい。
・定時性、速達性、運賃について。
・高校生の利便性を優先すべき。
・障害者用バスの問題。
・しなの鉄道との接続の改善 等々。


長野電鉄屋代線に対する意見

・屋代線は絶対残してほしかった。
・廃止を安易に考えすぎていないか。
・子供たちのためには須坂駅-屋代駅間は大切な路線である。乗らないから無くなるのであるが、高校生等どうしても必要な人がいることを理解すべき。
・新幹線上田駅-屋代駅からの乗り入れを重視してほしかった。
・鉄路は残し、現施設を利活用する。観光路線として観光用のトロッコ列車を運行したらどうか。
・鉄路がなくなると松代は陸の孤島になってしまう。なんとか継続してほしい。
・利用しない屋代線を残す意味があるのか 等々。


LRT構想に対する意見・質問

・LRTを是非実現してほしい(同意見多数あり)
・LRTは松代の観光面でも大きな効果が期待される。LRTと並行して松代のまちおこしを考えるべき。
・屋代線の存続問題とLRTとの関連性。
・LRTの実現の可能性。
・LRTの投資費用について。
・地元負担の問題について 等々。


その他の意見

・今回のような集会をもっと早く開いて問題提起すべき。情報提供不足である。取り組みが後追いである。
素早い取り組みをすべき。
・住民の関心が薄い。集会の出席者が少ない。特に若い人の参加が少ない。
・集会の結果を住民に伝え、松代全体の取り組みとして盛り上げるべき。
・廃止バス代替となった段階で、駅舎およびトイレ・水道等の管理をきちんとしてほしい。
・長野市長は松代・河東地区を見捨てたのか。
・CO2削減が叫ばれている今日、住民自治協議会が率先して取り組むことの意義は大きい 等々。

平成23年度松代地区住民自治協議会参画団体(評議委員)




エコール・ド・まつしろ倶楽部 河川愛護会 教育文化支援委員会 区長会
交通安全推進委員会 子ども会育成連絡協議会(6団体) 産業振興委員会 自主防災組織連絡協議会
自然環境委員会 社会福祉協議会 青少年育成委員会 人権同和教育促進協議会
生活環境委員会 男女共同参画市民推進員 地域公民館連絡協議会連合会 保健補導員会
松代城関連事業委員会 松代町防犯協会 屋代線対策部会 歴史的建造物活用委員会



愛の鐘管理委員会 尼巌山奇妙山トレッキングの会 NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会 観光事業振興会
共同募金会長野市支会松代分会 芸能協議会 交通安全協会 真田線建設期成同盟会
消防団松代分団 人権擁護委員 身体障害者福祉協会松代支部 赤十字長野市地区松代分区
赤十字奉仕団松代分団 長野商工会議所松代支部 長野南少年警察ボランティア協会 文化芸術協会
保護司会 松代駅前等駐輪場管理委員会 松代音楽協会 松代商店会連合会
松代白バラ会 松代総合美術展協議会 松代地区体育指導員会 松代中心市街地活性化協議会
松代町厚生保護女性会 松代町地域振興情報通信懇話会 マレットゴルフ協会 民生児童委員協議会
老人クラブ連合会 有線放送電話農業協同組合   (五十音順)

平成23年度現在、松代地区住民自治協議会では上記団体に参画いただいております。当協議会評議委員選考細則にもとづき、上記参画団体で平成24年度、参画することについてご意見のある団体は下記までご連絡をお願い致します。また、平成24年度から新たに参画希望のある団体 (・公益性のある事業を行っている ・松代地区を活動の拠点としている 等の基準を満たしている必要があります。) も下記までご連絡をお願い致します。
【締切り】平成24年2月15日(水)
【連絡先】松代地区住民自治協議会事務局 ☎278-1885

次世代型路面電車システム(LRT)の導入を求める請願通る!

去る平成23年12月6日、松代、若穂、篠ノ井、更北、川中島の5地区の住民自治協議会長の連名で長野電鉄屋代線廃止後の跡地を活用した次世代型路面電車(LRT)の導入を求める請願(下記に全文紹介)を長野市議会に提出致しました。その後、平成23年12月16日の長野市議会12月定例会にて全会一致の賛成で採択となりました。
松代地区住民自治協議会では、屋代線の鉄路を存続させる取り組みとして、ディーゼル車両による運行を検討してまいりましたが、関係機関との協議を進める中、昨年11月以後、欧米で環境や老人・子供たちに優しい交通手段として注目を浴びている次世代型路面電車(LRT:ライトレールトランジット)の導入が議論となりました。現在、当たり前のように自動車が往来する道路に路面電車を運行し、自動車から新交通システムに乗り換えることにより、渋滞や事故がなくなる、CO2の削減や石油資源の節約になる、など大きなメリットがあります。地球温暖化が叫ばれ、その大きな要因の一つであるマイカーによる排気ガスの規制が求められている現在、改めて鉄道の重要性が高まっております。
幸い長野市はオリンピックを開催した唯一の地方都市であり、現在、道路などの整備は他の都市よりもはるかにすすんでいます。こうした条件を活かすためにも屋代線の鉄路を活かしながら、長野駅と松代を結ぶ路面電車で未来交通網の構想を考えるべき機会です。現在、長野市や議会関係者、更に経済団体、他地区の住民自治協議会などに理解の輪が広がっております。地域の皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

  次世代型電車システム(LRT)導入と長野市の新たな交通体系についての請願

            ( 請 願 趣 旨 )

 ライトレールトランジット(LRT)とは、快適で省エネ性に優れた、新しい路面電車交通であります。

 従来から欧米では多くの路面電車が発達していましたが、近年、環境にも配慮した新しい交通システムとしての路面電車が、ニュートラムとして急速に発達してきています。

 日本では、昭和40年代、高速道路の建設や大衆車の出現で多くの人が車を持つ時代になり、路面電車は邪魔者になり、次々と廃線となりました。

 しかしながら、道路の慢性的な渋滞、騒音、事故多発、大気汚染、駐車場などの問題から、近年の地球温暖化も相まって世界の流れは変わり、公共交通機関としてハイテク化された新しい路面電車交通(LRT)をまちづくりと合わせて導入する動きが国内の多くの地方都市で始まっています。

 長野市の交通網の実態は、市中心部に入る幹線道路は朝夕渋滞がひどく、社会全体に多くの悪影響を与えています。そして、オリンピック開催都市長野には多くの大型施設が存在し、さらに南運動公園総合球技場の改修が検討されるにつけても、LRT等による公共交通網が是非必要と考えます。

 そこで、長野駅を起点に市内各地の要所を結ぶ新たな交通ルートが必要であり、市民も車から電車に転換することは、市内アクセスの充実とともに、2014年度長野以北への新幹線延伸を迎えるにも善光寺と松代をつなぐことにより、新しい観光客の掘り起こしになると期待されます。

 ルート上には、ホクト文化ホール、ビッグハット、長野赤十字病院、更北住宅急増地区、川中島古戦場、南長野運動公園、観光地松代、若穂など、多くの観光客が集まる施設のインフラにも大変効果的と考えます。さらに長野駅からエムウェーブを経て屋島から若穂を結ぶルートの構築により市内循環が可能になり、将来に向け大きく発展することが可能となります。そして、長野市のシンボルである善光寺と長野駅を結ぶことも大変重要です。

 廃止となる屋代線の跡地の鉄路は、そのまま活用でき、その上、広大な駅構内の用地は今後LRTの車両基地や点検・修理施設として重要なスペースとして活用でき、市内に新たな土地を確保する必要がありません。

 つきましては、長野市に対して下記請願事項の実現を求めます。

 貴議会において以下の取組を御採択いただきますよう請願いたします。

            ( 請 願 事 項 )

 住民の意向を尊重し、国土交通省・次世代型電車システム(LRT)による長野市全域に広がる新たな交通網の構築に当たり、屋代線跡地及び鉄路の活用を検討すること。

第4回松代ながいも祭りが開催されました!

松代の代表的な特産品であるながいもに、より関心を深めていただくため、産業振興委員会では、第4回松代ながいも祭りを、去る平成23年12月4日(日)Aコープ松代店にて開催致しました。『地元の味10品』を掲載したレシピは用意した500部すべてを会場に訪れたお客様にお持ちいただきました。また、実演コーナーは大変な人だかりとなり、笑顔で皆様にご試食いただきました。松代のながいもについて広く皆様に知っていただき、大きな成果をあげることができました。最後になりましたが、ご協力いただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。

小鳥の巣箱を作りました!

自然環境委員会では11月15日(火)豊栄小学校において、5年生の児童と一緒に小鳥の巣箱を制作致しました。巣箱の制作方法とともに、自然を大事にすることの重要性や、益鳥である小鳥の習性や保護について児童に説明しました。子供達にとって巣箱の制作は大変な人気で、子供達と地域住民の素晴らしい交流の場となりました。最後に、完成した巣箱は豊栄小学校隣の明徳寺の敷地の木に設置しました。ご協力いただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。



松代地区住民自治協議会 事務局

■ TEL : 026-278-1885

■ FAX : 026-278-6503

■ 〒381-1231 長野県長野市松代町松代1360 長野市役所松代支所内

■ メール : mail@matsushirochiku.com